(200:END)歴史修正の要因は天武朝の事情

釈迦三尊像(法隆寺) この連載は今回でENDにするので、ちょっと(というかかなり)端折ります。 隋の遣俀使・裴世清は「秦王國」まで行って、俀國で男王「阿毎多利思北孤」と会った、と言っています。そこで、『書紀』の編者たちは俀王に相当する人物を…

(199)ちゃんと「王国」と書いてある

阿蘇山(LINEトラベル) 俀王の姓はアモ/アボ(本稿は「アベ」説)、字(名)はタリシホコ、号はアハキミというところからスタートしなければなりません。 『隋書』東夷伝「俀國」条によると、王は男性で「阿輩雞彌」と呼ばれ、「妻號雞彌後宮有女六七百人…

(198)ほとんど"捏造"に近い忖度

済州島と半島九州島の位置関係 この連載は200回で終わりにするつもりなので、残されているのはあと3回です。そこで今回は倭國史"最後の謎"である厩戸王ないし『隋書』の「俀王姓阿每字多利思北孤號阿輩雞彌」に迫ります。 倭國の王統史は二重三重、場…

(197)手に負えない多重の歴史修正

「三国遺事」梵魚寺本(東亜日報) 『書紀』は「任那王己能末多干岐」がオホド王23年旧暦4月にやってきて、任那の窮状を訴えてすぐ帰ったとしています。救援を求めて国王が直にやってくるのも異常ですし、大伴金村に 「……と天皇さまにお伝えください。ヨ…

(196)金仇亥王は倭にとどまったか

伝仇衡王墓陵(KOREA Trip Tips) 任那が倭人の邑國連合か倭國の分国ないし植民地だったのか等々は別として、百済の王と話し合ったヤマト王権の王はヒロニワ王がおそらく初めてだろうと思います。ヒロニワ王の孫に当たる厩戸王(いわゆる聖徳太子)も多国語…

(195)6世紀前半最大の課題は半島情勢

欽明天皇の磯城嶋金刺宮跡伝承地 ヤマト王統第29代大王ヒロニワ(天国排開広庭:欽明)のとき、倭・済連合が形を変えて復活したと推測する理由は、木刕満致の後裔・蘇我稲目、筑紫王族の安倍大麻呂(いずれも「かもしれない」ですが)が政権中枢に躍進した…

(194)蘇我・阿倍臣と倭・済連合の復活

帝王の娘スベクヒャン(チャンネル銀河) 越王家オホド政権(オホド、マガリ、タカタの3代)の終焉に連鎖して起こったのは、物部麁鹿火の失脚と物部宗本家の復活だけではありませんでした。のちの推古天皇や聖徳太子、天智・天武天皇と称されるヤマト王統に…

(193)ヒロニワ大王の即位は何年か

西殿塚古墳(手白香皇女衾田陵:天理市) 筑紫の葛子王から見ると、父の仇である物部麁鹿火は、第28代大王タカタ(檜隈高田/武小広国押盾:宣化)元年の旧暦7月に亡くなったことになっています。歴代大王在位年表に従うと西暦536に当たります。 一方…

(192)背景に物部宗本家の家督争い

気比大社(じゃらん) 『書紀』はオビト王(聖武)を無事に即位させるために、藤原一族が総力をあげてバックアップしました。そのため、対抗氏族の所伝は藤原氏に有利なように編集・改竄されていると考えられています。 なかでも物部氏は、第1王朝(三輪王…

(191)その後の麁鹿火はどうなった?

大伴金村(Wikipediaから) 筑紫王家から離れて、「磐井の乱」を鎮圧した物部麁鹿火の"その後"を見ることにします。豊・火二國を巻き込んだ大乱を起こした天下の大罪人(筑紫王家)は存続しましたが、それを鎮圧した麁鹿火は、第28代タカタ王(宣化)元…

(190)音韻からも「アヘ」説に一票

退陣を発表した安倍晋三首相(8月28日:TBS「Nスタ」から) 筑紫磐井の王統=倭國王家の姓が「アヘ」または「アベ」だったのではないか、という傍証は、福岡県福津市、安曇一族の墳墓がある奴山の南約1kmにある宮地嶽神社の所伝です。 同社のホー…

(189)津軽十三湊と松浦党の結びつき

十三湊(青森県五所川原市) オホヒコを始祖とする氏族には、筑紫國造のほか、阿倍臣、伊賀臣、阿閇臣、膳臣などがいます。埼玉県行田市の稲荷山古墳から出土した金象嵌鉄剣(国宝)にある「乎獲居臣」も「上祖名意富比垝」と自称しています。 すると、武蔵…

(188)阿毎は「アメ」音の写しか

大彦命を主祭神とする敢國神社(伊賀市) 筑紫王家の子孫追跡の続きです。といいながら、『書紀』が記す筑紫國造の始祖から話を始めます。 『書紀』は筑紫國造の始祖はオホヒコ(大彦/『古事記』は「大毘古」)としています。第8代クニクル(大日本根子彦…

(187)筑紫王家の末裔を追跡する

岩戸山古墳の石人(岩戸山歴史文化交流館) 「磐井の乱」を鎮圧した物部麁鹿火の"その後"が気になるところですが、今回は筑紫王家と越王家についてです。 まず筑紫王家ですが、磐井が物部麁鹿火に斬殺されたあとのこととして、『書紀』オホド王廿二年条は…

(186)筑紫の由来または金印紫綬

「筑紫」発祥の地と伝わる筑紫宮(筑紫野市:Wikipediaから) オホド王と磐井の乱にかかわって、筑紫の話柄が続きます。本節では「筑紫」の名の由来を取り上げます。 『書紀』は全30巻のうち「筑紫」の文字が登場しないのは4巻しかありません。初出は巻第…