日本IT書紀 巻之三薄靡

巻之三《薄靡》 太政官政表課

杉亨二 すぎこうじ (1828―1917):日本大百科全書 【補注】 武智瑞山 たけち・ずいざん/1829~1865。土佐藩郷士の家に生まれ、1862年藩参政吉田東洋を暗殺して藩政を掌握した。のち藩政が再び公武合体に傾いたとき捕縛されたが、山内容堂はその才を惜しん…

巻之三《薄靡》 開成所

中浜万次郎の航海(1850年):Wikipedia 【補注】 開成所 度重なる欧米列強の来航に伴う外交交渉の発生にともなって、幕府は旧来の蛮書和解御用による対応では不十分であると考えた。単に文書を翻訳するだけでなく列強諸外国の歴史や文化を研究し、幕臣のみ…

巻之三《薄靡》 幕末

ロシア軍艦ディアナ号のいかり引き揚げ:富士市「広報ふじ」(昭和51年8月25日号) 【補注】 三十一個の星 アメリカ合衆国を構成する州の数を示す。ペリー来航のときは1590年にメキシコから買い取ったカリフォルニア州を加え、星の数は31個に増えていた。 十…

巻之三《薄靡》 道具から機械へ

ジャガード織機:Wikipedia 【補注】 ジャカール Joseph Marie Jacqurd /1753~1834。彼が考案した自動織機は、東京農工大学の繊維博物館に展示されている。 ルーカス講座 ケンブリッジ大学で最も権威のある講座で、アイザック・ニュートンもその教授を務め…

巻之三《薄靡》 前史

Augusta Ada King, Countess of Lovelace, 1815〜1852年:Wikipedia 【補注】 ネピア John Napier/1550~1617。 シッカルト Wilhelm Schickart/1592~1635。 パスカリーヌ パスカル(Blasé Pascal/1623~1662)が考案した計算器。機械化されたものの最初…

巻之三《薄靡》 マネーサプライ

カリフォルニアのゴールドラッシュを伝える張り紙:Wikipedia「ゴールドラッシュ」 【補注】 マシュー・ボールトン Matthew Boulton/1728~1809。バーミンガム近くのソホというところに600人の工員を使う金属加工工場を経営し、政府から造幣業務を受託して…

巻之三《薄靡》 幌馬車は西部を目指す

コネストーガ幌馬車(再現図):Wikipedia 【補注】 メイフラワー号 イギリスのサザンプトン港から太平洋を越えたのは「ピルグリム・ファーザーズ(Pilgrim Fathers)」と呼ばれるキリスト教の一派だった。乗客102人、乗組員27人の計129人で、うち47人が「ピ…

巻之三《薄靡》 レコンキスタ

巻名「薄靡」について:読みは「たなびく」。『日本書紀』巻第一「神代上」第一段〔其淸陽者薄靡而爲天・重濁者淹滯而爲地〕。夜明け間際、山の端にかかる薄雲が曙光を受けてかすかに茜色に染まるさま。 サンティアゴ・マタモーロス(モーロ人殺しの聖ヤコブ…